台風9号2020の最新進路予想と日本上陸は?米軍・ヨーロッパ・気象庁の予想も紹介!

台風 情報
スポンサーリンク

台風9号2020の最新進路予想と日本上陸は?米軍・気象庁の予想も紹介!

2020年台風9号(メイサーク)のたまごになる熱帯低気圧が発生しそうです。

2020年の7月は観測史上初めて台風のない年となりましたが、8月に入った途端例年並みに台風が発生を続けています。

台風9号の名前は「メイサーク」。カンボジアが語源で「木の名前」です。

 

台風8号もこれから熱帯低気圧にかわり、北海道に影響をもたらしそうですが、今度の台風9号は日本に大きな影響をあたえる可能性がありそうなんです!

 

 

この記事では台風9号の今後の進路予想や米軍の予想進路などご紹介したいと思います。

 

 

 

台風9号(メイサーク)2020の進路予想は?

 

台風

 

現在の台風9号の現在地や予想進路は?

 

台風9号の情報は、まだ熱帯低気圧であり、台風のタマゴの状態なので、気象庁でも詳しい情報は発表されていません。

しかし、ウェザーニュースによると台風9号のたまごはいつできてもおかしくない状況のようです!

 

 

大きな雲の塊が徐々にまとまってきている様子がわかります。

これが渦を巻き熱帯低気圧になると「台風のたまご」になります。

それが発達して「風速が 17.2m/s を超える」と「台風」になります。

 

ただ、この台風9号、その今後の進路予想では、日本への上陸の可能性が高いと言われています。

現在はまだ、正確な情報は発表されていませんが、このまま進めば、東海地方から関西のあたりに上陸となり、日本の広い範囲への影響が予想できます…。

日時に関しては、今のところ、9月の始めとなる予想です。

 

 

台風9号2020の米軍の予想は?

発表も早く、消えていくような台風のたまごも教えてくれるのが米軍さん。

今回の台風9号をどう見ているのでしょうか?

 

日本時間で26日15時00分の画像 ↓

 

日本時間で27日05時30分の画像 ↓

引用元:JTWC

 

赤矢印TD09Wは台風8号です。

26日に熱帯低気圧の94W、台風9号のたまごが出現、27日にはオレンジ色に発達しています!

 

これは26日に現れた台風9号のたまごです。

海水温が高いため、発達を続けています。

 

ヨーロッパ中期予報

 

ヨーロッパ中期予報センターECMWFの気圧配置図では令和2年の8月28日から台風9号の、たまごが発生する予想。

ヨーロッパECMWF気圧配置図
9号たまご2020年8月29日
ECMWF8月30日の午後9時
9号ECMWF9月1日2020年
9号たまご9月2日の予想
9号9月3日の予想は非常に強い勢力へ発達
9号9月4日の予想は北海道へ

上のヨーロッパ予報の進路予想図では特に、

8月28日の午後9時から9月3日にかけて

発達した状態の強い台風9号が確認できるとのことです。

 

とくに最悪なのが・・・

3日の午後9時の気圧配置図で、

卵から「 非常に強い勢力 」の9号にまで成長している状態が確認できます。

 

 

 

 

台風は太平洋高気圧の縁に沿って北上します。

太平洋高気圧の張り出しの勢力が弱くなると、台風が日本列島に上陸する恐れがあります。

 

来週からこの太平洋高気圧が弱まる予想になっています。

 

太平洋高気圧の勢力などによって変わるため、

今後の進路に関しては、

まだ定まってはいません。

 

しかし、このまま進めば、東海地方から関西のあたりに上陸となり、日本の広い範囲への影響が予想できます…。

 

今後の情報に注目するようにしてください。

 

最新の台風情報をチェックして、

早めの台風対策をしておきましょう。

 

 

 


トレンドニュースランキング 

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました