岩見沢市で新型コロナクラスターは美容室?場所はどこ?ネットの反応は?

院内感染 情報
スポンサーリンク

岩見沢市でコロナクラスター(集団感染)発生した美容室の場所はどこ?

隠蔽と噂されたクラスター感染・・・

 

ようやく岩見沢市内と公表し始めましたね。

 

 

早く公開した方がいいのに・・・

なぜ、土壇場まで公表を控えたのか?

最終的に公表の時期を遅らせれば

大きな問題になった時には大惨事になりますよね・・・

 

今回は、岩見沢市内のクラスター情報や

ネットの反応とあわせて調べてみました。

 

 

 

 

岩見沢市で新型コロナクラスターは美容室?場所はどこ?ネットの反応は?

 

 

岩見沢市で新型コロナクラスター

北海道は28日、空知(そらち)地方にある美容業の店舗で女性客2人の新型コロナウイルスへの感染が確認され、感染者計6人の集団感染が発生したと発表しました。

 

感染源は、岩見沢市内の美容室とみられます。

 

美容室や理髪店で散髪する時もマスクを外さない…

徹底されているとは思いますが、

発生してしま現実・・・・

 

北海道は未だに美容室の場所を後悔しませんん。

 

しかし、この店では26日時点で女性従業員3人と女性客1人が陽性と判明。28日は新たに50代と70代の女性客2人の感染が確認された。従業員3人と客3人の計6人がこの店で感染したとみられています。

 

発症後も勤務していた従業員もいるそうですよ!

 

この店をめぐっては、28日までに客と従業員の同居家族や職場の同僚計5人の感染が判明したとの事です。

道によると、この店では客に手指消毒やマスクの着用を求めるなどの感染予防策をとっていたといいます。

道は「店の顧客を特定できており、不特定多数に注意喚起をする必要がない」として、店名の公表を控えているようです。

 

公表を控えることが道民の幸せになるのか?

僕的には疑問ですが・・・?

 

発生個所や発生経路をしっかりと

正しい情報を伝えるのが行政ではないでしょうか?

 

 

クラスターが発生した美容室の場所は?

 

北海道、岩見沢市のホームページでは今のところ公表はないようです。

ようやくメディアでも取り上げるようになってきました。

 

道は店舗の顧客は特定済みで、不特定多数に注意喚起する必要がないとして、店名公表を控えているとしています。

 

しかし、該当美容院では発症後も勤務を続けていた従業員もおられたようで、顧客らの調査を継続しているともしており、矛盾が生まれています。

調査中であるならば、店名公表を控えるどころか

濃厚接触者や接触している人たちを特定すべきですよね!

 

ただ、非公表でありますと何もできないのが現状ですよね…

 

空知地方はこれまでも隠蔽と取られかねない動きをとっているのです!

非公表・・・

 

クラスターが発生した美容室発の感染者繋がりは・・・

5月28日に発表された感染者1072例目、1073例目、1074例目は濃厚接触者として繋がっていますよね。

5月27日までに確認されている道内1040例目、1058例目、1059例目、1060例目、1067例目、1068例目、1069例目、1070例目はいずれも何らかの繋がりがあることが分かっています。

 

北海道ホームページの感染者情報を元に調べると、関連の感染者は合計11人となっています。

厚生労働省はクラスターの定義を「同一箇所から5人以上の感染」としており、岩見沢市での感染はこれを満たしていると思われます。

 

これは岩見沢市内でクラスターが発生している!

この現実を市長は把握しているのか?

 

北海道は札幌だけ?

新型コロナウイルスはどこにでも出現します。

 

岩見沢も情報に関してはもっとオープンに公開すべきですね!

 

 

今回の岩見沢市の感染についての反応は?

 

 

 

 

感染者の情報が非公開?

本当にこれでいいのか?

 

緊急事態宣言の解除した日本政府。

いいとこどりで責任は地方に丸投げ感が多々あります。

 

しかし、情報非公開が当たり前のよのなか…

 

もう少し情報開示に積極的になって欲しい北海道です。

情報開示に関して、もう少し

北海道として何らかの対応を

とってくれることを期待します。

 

 


芸能人ランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました