東京ミネルヴァ法律事務所が破産!破産理由・原因は?

情報
スポンサーリンク

東京ミネルヴァ法律事務所が破産!破産理由・原因は?

過払い金請求やB型肝炎訴訟CMで知られる東京ミネルヴァ法律事務所が破産!

驚きのニュースが飛び込んできました。

 

 

積極的な広告展開などをしてきた『弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所』が破産の手続きを開始したようです。

 

弁護士法人としては過去最大の

負債総額は、約51億円。

 

異常な負債金額で中身を知りたいなど

SNS上でも話題になっていました。

 

計画倒産ではないのか・・・

一部では、そのような声も上がっています。

 

 

この記事では、東京ミネルヴァ法律相談所の破産理由についてご紹介させていただきます。

 

チャット相談はコチラ

 

 

弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所が破産?

 

 

弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所(TDB企業コード:686006787、東京都港区新橋2-12-17、清算人川島浩氏)は、6月24日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。  

破産管財人は岩崎晃弁護士(東京都中央区八丁堀4-1-3、岩崎・本山法律事務所、電話03-6222-7233)。  

当法人は、2012年(平成24年)4月設立の法律事務所。個人向けでは債務整理、離婚・家庭内問題、交通事故、労働問題、不動産問題、B型肝炎給付金請求など、法人向けでは一般企業法務、事業再生・倒産といった案件を手掛けていた。

特に過払い金請求訴訟や、B型肝炎給付金請求訴訟に関しては積極的な広告展開を行い、弁護士法人として一定の知名度を有していた。  

しかし、6月10日には総社員の同意により解散、会費の未納が発生していたことで、第一東京弁護士会から破産を申し立てられていた。  

負債は約51億円。  

第一東京弁護士会 東京ミネルヴァ法律事務所臨時電話窓口03-3595-8508。

〈月曜から金曜(祝日を除く)午前10時から午後4時まで〉

引用元:Yahoo!ニュース

 

主に個人向けには債務整理、離婚・家庭内問題、交通事故、労働問題、不動産問題、B型肝炎給付金請求など行い、法人には一般企業法務、事業再生・倒産といった案件を扱っていました。

 

 

東京ミネルヴァ法律事務所の破産の真相や原因は?

東京ミネルヴァ法律事務所は、過払い金中心の法律事務所でした。

負債は約51億円

 

そもそも、法律事務所は、設備投資も必要ありませんから、それほどの負債を抱えるはずもないビジネスモデルのはずです。

過払い金ビジネス中心ですと、リピート客はないでしょうね。

多重債務で苦しむ方に広告を打ち続けなければならない営業スタイルが最終的に重荷になっていったのではないのでしょうか

 

あれだけのCMを配信していれば、莫大な広告経費が発生していたでしょう。

広告制作会社、代理店に対しても債務を負ったまま破産手続きに入ったものと思われます。

負債総額の金額を考えると、ここ1~2年の物ではないと思われます。

相当長いこと不採算が続いていたのではないのでしょうか?

 

金融機関からの融資もあったはず・・・

ただ、この状況下で融資する金融機関はほとんどといってないはずです。

この財務状況で融資をするのであれば

粉飾決算があった可能性があるかもしれません。

 

破産を攻めるつもりはありませんが

不正を行って破産制度を利用した?

それだけは弁護士としてないことを願います。

破産は人を救うための制度ですから・・・

 

 

負債総額の約51億円の内訳は?

負債額の51億円の内訳を探してみましたが

残念ながら今のところ公表されていません。

 

粉飾決済、計画倒産などの噂もあがっています。

真実は今後明かされていくのでしょうか?

 

チャット相談はコチラ

 

東京ミネルヴァ法律事務所の破産のネット上の反応は?

 

 

 

 

 

 


芸能人ランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました