新北海道スタイル宣言!休業要請はどうなる?施設や地域は?

情報
スポンサーリンク

新北海道スタイル宣言!休業要請はどうなる?業種や地域は?

5月22日鈴木直道北海道知事は会見を開き、道内に出していた休業要請を5月25日から一部解除すると発表しました。

新型コロナウイルスの影響で今後はどうやら新スタイルでの生活が余儀なくされそうですよね。

まだ緊急事態宣言の状態の北海道ですが、鈴木知事が新北海道スタイルというものを発表し話題になっています。

 

この記事では新北海道スタイルについて紹介していきます。また、休業要請は今後どのようになっていくかも調べてみたのであわせてご紹介しますね♪

 

 

新北海道スタイルとは?

 

新北海道スタイルとは

 

新型コロナウイルスとの戦いが長期化している中、国が示した「新しい生活様式」の北海道内での実践に向けた、新しいライフスタイルやビジネススタイル、それが「新北海道スタイル」です。

 

 

 

このまま自粛を続けていても経済がとどこおる。

北海道は『コロナと共存』しながら、

社会経済活動を進めていくうえで

新北海道スタイル

を、宣言しました。

 

道民と事業者が協力し合い北海道全体で感染リスクを抑え事業継続や新しいビジネスチャンスを拡大していく新しいスタイルです。

 

事業者の皆様に取り組んでいただきたい7つのポイント

 

<新北海道スタイル 7つのポイント>

1 スタッフのマスク着用や小まめな手洗いに取り組みましょう
2 スタッフの健康管理を徹底しましょう
3 施設内の定期的な換気を行いましょう
4 設備、器具などの定期的な消毒・洗浄を行いましょう
5 人と人との接触機会を減らすことに取り組みましょう(2メートル程度の一定の距離の確保、間仕切りなど活用や人数制限、空席の確保)
6 お客様にも咳エチケットや手洗いを呼びかけましょう
7 お店の取り組みをお客様に積極的にお知らせしましょう

 

ライフスタイルとしてチェンジ

正しい咳エチケット

ソーシャルディスタンスなど

注意しなければいけない点は

確実に実行して頂きたいですね。

 

 

休業要請はどうなる?

 

 

休業要請解除はいつから?

 

鈴木直道北海道知事は、道内に出していた休業要請を5月25日から一部解除すると発表しました。

石狩エリア以外では休業要請を解除し、5月25日以降、営業することが可能となります。

 

感染者の発生が続く札幌圏を中心とした

石狩管内では引き続き休業要請を継続となります。

 

休業要請解除の施設や地域は?

 

休業要請を一部解除するエリアと施設は以下のうおうになります。

 

■石狩振興局以外の地域

ネットカフェ、漫画喫茶、体育館、ボウリング場、パチンコ屋、ゲームセンター、映画館、集会場、公会堂、展示場、貸会議室、文化会館、多目的ホール、1000平方メートル超の各種商業施設・大学・学習塾等

■石狩管内を含む道内全て

1000平方メートル超の博物館、美術館、図書館

■石狩管内

1000平方メートル以下の各種商業施設、大学、学習塾、博物館等

■石狩管内

酒類を提供する飲食店(下記の店舗以外)クラスターが発生しやすい施設として、キャバレー、ナイトクラブ、スナック等の接待を伴う飲食店、カラオケボックス、ライブハウス、スポーツクラブ等は、引き続き道内全域で休業要請を継続。

だいぶ緩和されますね。

しかし、以前のようにすぐに客足は戻ってこないかもしれません。

 

時間はかかると思いますが

少しずつ節度ある行動を心がけて

外出していくようにしていきましょう。

 

まだウイルスは撲滅されたわけではありませんので…

 

 

世間の反応は?

 

 

 

 

いよいよ5月25日には北海道でも休業要請を大幅に解除される予定です。

新しい生活すらいるを身に付け

経済活動も再生させていきましょう。

 

感染防止対策も忘れずにお願いしますね♪

 

 

 


芸能人ランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました