真夏の夏マスク予約販売はいつから?値段やサイズカラーは?

情報
スポンサーリンク

真夏の夏マスク予約販売はいつから?値段やサイズカラーは?

「軽量・コンパクト」の機能性の高さをコンセプトに展開するトラベルギアブランド「TO&FRO(トゥーアンドフロー)」から、とくに暑い時期のマスク着用時に起こりやすいトラブルを軽減する新商品「真夏の夏マスク」が発売されます!

 

 

これからの季節に使いたくなるようなネーミングですね!

これから迎える夏のシーズンに向けて快適なマスクで過ごしたいですよね。

 

今回は、「TO&FRO(トゥーアンドフロー)」から発売される、「真夏の夏マスク」の予約購入方法や、いつから予約か、また、値段やサイズカラー紹介しますね!

 

 

「真夏の夏マスク」

 

 

真夏の夏マスク予約販売はいつから?

 

気になる真夏の夏マスクですが予約販売はいつからいつまでなのでしょうか?

 

今回の予約販売は、

2020年7月9日(木)から11日(土)
3日間限定での予約販売となっています。

 

予約販売が始まる時間ですが恐らくですが「みんなの夏マスク」は5月22日の13時からでしたので同じく13時からになる可能性がありますね。

 

商品は、7月15日から7月31日の期間に、石川県から発送予定です。

 

「真夏の夏マスク」購入(販売)方法は?

 

「真夏の夏マスク」は、TO&FROオンラインショップで購入することができます。

気になる人は「TO&FRO(トゥーアンドフロー)」のオンラインショップを覗いてみてください。

「TO&FRO(トゥーアンドフロー)」のオンラインショップはこちらから

 

またそれに伴い人気商品となった「みんなの夏マスク」も6月25日(金)から再販となるようです。

 

・6月25日(木)13時~ 約1万枚用意
・6月26日(金)13時~ 約1万枚用意
・6月27日(土)13時~ 約1万枚用意

 

 

 

真夏の夏マスク値段やサイズカラーは?

 

真夏の夏マスクの値段はサイズによって変わります。

 

大人用は1750円

子供用は1200円

 

高機能が備わっているマスクの中では比較的安価な設定になっているようです。
このお値段なら手軽に手に入るので、この夏も快適に乗り越えられそうですね!

また、大人用子供用共に2種類のサイズ展開もされています。

子供用→XS/S
大人用→M/L

詳細に分かれているとフィット感を期待できそうですね。

 

カラー:水色、グレー、ホワイト

価格:大人用のM、Lは各1750円

   子供用のXSとSは各1200円

生産国:日本

 

「みんなの夏マスク」が、夏用マスクなら、

「真夏の夏マスク」は、真夏用といったところですかね!

 

「真夏の夏マスク」とは?

熱中症・肌荒れ・細菌など、夏のマスク着用時に起こりやすい3大トラブルをカバーしながら、三つの冷却効果で冷たさをさらにアップしたものです。

 

①マスクの内側に、

放熱遮熱効果のあるTERAXCOOL加工で、

内側の熱を遠赤外線に変え大気中に逃し、外側からの熱を遮断します。

着用時から冷感が持続するんです!

 

高機能肌着に使用されている調湿繊維キュプラを採用し、

蒸れを防いでいつでもサラサラで涼しさも増します。

滑らか生地でデリケートな肌にもおすすめ。

 

③マスクの外側は、汗や湿気で熱を吸収するキシリトール加工を施し、ひんやりとした接触冷感をサポートしてくれます。

 

デリケートな肌の方には、とってもありがたい商品です。

 

 

【日本製】夏用冷感マスクオススメはこちら

 

 

ストレッチ素材でシワになりにくい冷感マスクです。

注文してからの配送も早く着け心地が良いという口コミも多いです。

 

 

柔らかい生地でフィット感もあり着け心地が良い冷感マスクです。

第3段追加分も現在は完売していますが6月19日発送分の先行予約販売がスタートしています。

 

 

冷感マスクはどうしても肌に張り付くイメージでしたが、こちらのマスクだと縦に立体的なので快適に付けられます。

 

 

こちらは綿100%の冷感マスクです。

肌にも優しくしっかりとした作りで人気があります。

ゴムも長さ調節ができるので自分に合った長さで付けることができます。

 

最近はお洒落なマスクが増えてきてますね。

マスクもファッションの一部になってきてますね。

 

マスクをしながらも少しでも涼しい夏をすごしたいですよね。

どのマスクにするのか迷いますが、

肌にやさしい快適なマスクを使いたいですね。

 

 

 


芸能人ランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました