川崎市立多摩病院の場所はどこ?元整形外科医師が新型コロナ感染

情報
スポンサーリンク

川崎市立多摩病院の場所はどこ?元整形外科医師が新型コロナ感染

 

4月4日、3月末まで川崎市立多摩病院に勤務していた30代男性整形外科医師医師が新型コロナウィルに感染したことが発表されました。

 

 

感染した医師は元川崎市立多摩病院常勤の整形外科医師。

30代の男性とのことです。

 

病院・医師・看護師・・・

院内感染とかも起きている新型コロナウィルス。

本当に目に見えない厄介な敵ですね。

 

今回は、「川崎市立多摩病院」の場所や感染経路について調べていきたいと思います。

 

「川崎市立多摩病院」の場所はどこ?

 

「川崎市立多摩病院」の場所はどこなのでしょうか?

 

川崎市立多摩病院

住所:神奈川県川崎市多摩区宿河原1丁目30−37

 

多摩川の近くにあり、小田急線・JR南武線登戸駅多摩川口から徒歩3分。

 

新型コロナウイルス感染確認後の「川崎市立多摩病院は」?

 

4月6日(月)よりしばらくの間、救急を含めた整形外科の診察を中止。

院内消毒 4月6日消毒実施済。

 

予約患者様へは個別に連絡のうえ、

急を要しない患者様に対して

外来等の予定日を変更して対応。

 

元川崎市立多摩病院の整形外科医師とは?

 

感染が確認された整形外科医師は

3月末まで市立多摩病院に勤務し、

4月から聖マリアンナ医科大学病院に

転勤となっていました。

 

医師は4月1日に発熱が発生し自宅待機。

市立多摩病院に勤務している間に感染したと見られています。

 

当該医師に関する情報

(1)年代 30代
(2)性別 男性
(3)職種 整形外科医師(常勤)
(4)居住地 川崎市多摩区
(5)経過 4月1日 他病院へ人事異動
発熱のため出勤せず、自宅待機

4月6日 PCR検査結果が陽性と判明
※当該医師は、3月下旬から人事異動の準備のため、診断書等の
書類整理を主に行っており、患者との接触は限られており
個々に確認できています。

(6)濃厚接触者 詳細については調査中

 

 

今回の新型コロナウィルスの感染経路は?

 

感染経路はどうなっているのでしょう?

 

感染経路は不明!

 

新型コロナウィルスの厄介なところは、自覚症状がなくて感染しているパターン。

知らないうちに感染させている・・・

ですので、テレビの報道でもよく出ていますが

自分が感染者だと思って行動するのが大切です。

 

今回の場合は、医師との接触者は特定できていますので、感染拡大の予防策は打てると思いまよ。

 

今回の件で心当たりのある方は

関係機関に相談してくださいね。

 

「川崎市立多摩病院」新型コロナウイルス発生にネットの声は?

 

 

 

 

川崎市立多摩病院に勤務している間に

感染したとなると・・・

多摩病院での感染が拡がっていないか

心配ですね。

 

患者さんの対応はしていないとのことですが・・・

 

早期の新型コロナウィルスの終息と

医師の早期の回復を願うばかりです。

 

 

 


芸能人ランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました