佐々木宏の学歴・経歴・年収は?(東京五輪開閉会式演出総合統括クリエーティブディレクタ)

情報
スポンサーリンク

佐々木宏(ささき ひろし)の学歴・経歴・年収は?(東京五輪開閉会式演出総合統括クリエーティブディレクタ)

東京五輪・パラリンピックの開閉会式で演出の総合統括を務めるクリエーティブディレクターの佐々木宏(ささき ひろし)さん。

差別的演出プランが文春砲で暴露され物議をよんでいます。

 

渡辺直美さんの件で批判が高まっていますが・・・

実際、東京五輪開会式の責任者で演出統括クリエーティブディレクター、佐々木宏さんがどんな人物なのかきになってしまいました。

この記事では、佐々木宏(東京五輪開閉式演出統括クリエーティブディレクター)の学歴経歴・年収を調べてみましたのでご紹介させていただきます。

 

 

佐々木宏(ささき ひろし)さん

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

萬屋万之助(@mannosukey)がシェアした投稿

 

佐々木宏(ささき ひろし)さんプロフィール経歴!

 

名前 :佐々木宏(ささき ひろし)
生年月日: 1954年
出身:熊本県八代市

出身大学:慶應義塾大学法学部政治学科
1977年、電通入社。

 

熊本県八代市出身の佐々木さん。

1977年、電通入社。

電通では新聞雑誌局に6年。

宣伝会議のコピーライター養成講座を受け、クリエーティブ局に転局されました。

以後20年にわたり、電通でコピーライター、クリエーティブディレクター、クリエーティブ局長職を歴任。

2013年、電通の100%子会社である「シンガタ」を率いることに。

2019年、自身の個人事務所である「連」を立ち上げました。

 

主な受賞歴

  • ACC全日本CMフェスティバル グランプリ3回
  • TCC(東京コピーライターズクラブ )最高賞6回
  • ADC(東京アートディレクターズクラブ)最高賞3回
  • カンヌ国際広告フェスティバル金賞
  • 広告電通賞、朝日広告賞
  • 日経広告賞
  • 毎日広告デザイン賞最高賞
  • フジサンケイ広告賞グランプリ
  • JR東日本ポスターグランプリ2回
  • クリエーター・オブ・ザ・イヤー賞2度ほか多数受賞
  • CM-INDEX年間CM好感度5年連続第1位(ソフトバンク)

 

 

佐々木宏さんの学歴は?

熊本県八代市出身の佐々木さんですが3歳で東京、8歳で釧路、15歳で東京と各地を転々としていたようです。

高校は、

東京都立小石川高等学校

大学は、

慶應義塾大学法学部政治学科

 

中学2年で父が急逝。

学生時代は大変だったと思います。

大学は奨学金を利用して卒業されたそうです。

 

佐々木宏さんの主な作品は?

かなり有名な作品が多いです。

その中でも・・・

 

  • 缶コーヒーBOSSシリーズ
  • ソフトバンクCM白戸家の人々シリーズ
  • サントリー「歌のリレー」
  • トヨタ自動車「ReBORN」
  • 2016年リオ五輪閉会式「安倍マリオ」

 

このあたりの作品は一度は見たことがありますよね。

特に缶コーヒーBOSSやソフトバンク白戸家の人々はシリーズ化していてなじみがありますね。

 

 

 

佐々木宏さんの年収は?

佐々木宏さんの年収はどのくらいなのでしょうか?

一般的な40代のクリエイティブディレクターの年収は800万円程とのことです。

電通の部長や局長クラスだと1500万円から2000万円以上もあるそうですよ!

今は電通からは独立されて個人事務所である「連」を立ち上げられています。

有名企業のCMも担当されていますので、

年収は2000万~3000万あたりではないでしょうか♪

 

 

 

仕事の腕はピカ一のようですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました