86 -エイティシックス-(アニメ)2話の感想・考察・評判!

アニメ
スポンサーリンク

86 -エイティシックス-(アニメ)2話の感想・考察・評判!ハマりそうなアニメですね!

2021年4月、ついに「86-エイティシックス-」のアニメがスタートしました。

2016年には第23回電撃小説大賞の大賞を受賞。

「このライトノベルがすごい!2018」の文庫部門で新作1位&総合2位に!

この春アニメの注目作品ですね^^

 

 

この記事では、86 -エイティシックス-(アニメ)2話のネタバレ感想・考察・評判!見逃し配信動画を全話無料視聴する方法や配信サイトをご紹介します♪

 

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアル

アニメ「86 -エイティシックス-」
1話~最新話を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

【U-NEXT】
アニメ『86 -エイティシックス-』
無料動画で視聴する!

 

 

 

「86 -エイティシックス-」2話の感想・考察・評判

 

 

「86 -エイティシックス-」2話あらすじ

 

 

2話『スピアヘッド』

担当ハンドラーの交代。それは、過酷な戦場を長く生き残ってきた〈エイティシックス〉たちにとって、特に珍しくもない出来事だった。そんな彼らにも、白系種(アルバ)でありながら自分たちと積極的にコミュニケーションをとろうとするレーナの存在は、珍しく映っていた。いつ〈レギオン〉との交戦が起こってもおかしくない環境の中に身を置きながら、食料調達に出かけたり、読書をしたりと思い思いの時間を過ごす隊員たち。そんな中スピアヘッド戦隊全員に、セオからパラレイドを通して敵襲の報が届く。

「86 -エイティシックス-」2話ネタバレ感想・考察

シンたちの前に多くの敵が襲来!

なんとか襲撃を乗り切ることが出来たの。

プロセッサーと良好な関係を築いていることに手応えを感じる日々。

 

戦争開始当初、完全自律無人戦闘機械「レギオン」の圧倒的武力で、国は壊滅状態に・・・。

政府は2つの決断を!

1つ目は「85行政区内への全共和国民の避難」。

2つ目は「戦時特別治安維持法の施行」。

これは銀色の髪と目を持つ「アルバ」以外を人間だと見なさない法律。

彼らは無人戦闘機械「ジャガーノート」に乗って戦わされているのでした。

 

レーナは日課の同調をし、プロセッサーたちとコミュニケーションをはかります。

そんな彼女にプロセッサーも少しずつ心を開き始めるのでした。

 

レーナの真っ正直さは諸刃の剣みたいなところがありますね。

社会の常識に対して空回りするレーナの正義。

今後どうなるのか。

死んでいく者は人間とみなされていない世界観・・・なんともいえません。

しかし、戦闘シーンは迫力がありますよ!

 

 

「86 -エイティシックス-」2話みんなの評判・反応

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました