【茨城コロナ】条例制定後の対応はどうなるの?新型コロナ、感染者への差別禁止!

情報
スポンサーリンク

【茨城コロナ】条例制定後の対応はどうなるの?新型コロナ、感染者への差別禁止!

 

8月18日、茨城県の大井川和彦知事は、記者会見し、新型コロナウイルス感染症の発生予防・まん延防止と社会経済活動との両立を図るため、県独自の条例を制定する考えを明らかにした。

県が実施するPCR検査や行動履歴調査などに協力することを義務付け、感染した人や医療従事者らへの差別的な取り扱いを禁止することなどを盛り込むとのことです。

 

これは、良い提案ではないの?

コロナに関して一般の目が厳しすぎますよね!

 

ソーシャルディスタンスを保っていても
マスクを外すことが出来ません・・・

感染した人が悪いのではなく、もう少しコロナに関して
情報開示があればと思います!

 

普段、思うのですが・・・

感染者の情報は、正直どうでもいいです、と言ったら語弊があるかもしれませんが!

 

私たちが知りたいのは、感染者ではなく、感染した方の行動歴ですよね?

いまだに理解していない自治体や国…

公表したら風評被害?

 

もう、そんな段階ではないことを理解していない

自治体や六合がアホみたいに見えてきます巣。

 

ただ・・・

 

コロナ感染で差別的な発言があることも事実です。

今回は、茨城県が決めたコロナ条例に関して調べていきたいと思います。

 

 

茨城県が条例制定へ!

 

茨城県の大井川和彦知事は18日、記者会見し、新型コロナウイルス感染症の発生予防・まん延防止と社会経済活動との両立を図るため、県独自の条例を制定する考えを明らかにした。

県が実施するPCR検査や行動履歴調査などに協力することを義務付け、感染した人や医療従事者らへの差別的な取り扱いを禁止することなどを盛り込む。ただし、罰則は設けない。

さらに、4月に休業や営業時間短縮を要請した飲食店やパチンコ店など遊興施設に加え、宿泊施設や理美容店など不特定多数の人が出入りし「密」になりやすい事業所を対象に、独自に導入している、感染者との接触通知システム「いばらきアマビエちゃん」への登録と宣誓書の掲示、同システムの活用などを義務付ける。

対策を講じる事業者に財政支援を行い、従わない場合は事業者名や所在地を公表することなども盛り込む。

 

茨城県は、県独自の条例を制定する考えを明らかにしました。

対策を講じる事業者に財政支援を行い、従わない場合は事業者名や所在地を公表する・・・

 

素晴らしいですよね!

ただ、自治体で何処まで管理できるのか?

後出しジャンケンはなしにしましょうね、

 

実際、どうなんでしょう?

店名公開?

時には。必要な場合もありますよね。

 

しかし、大部分は・・・

行動歴が知りたいと思うのは私だけでしょうか?

何処で感染?

感染経路は不明?

 

そんな情報は必要ないですよね?

 

ナーバスになっているのは国や自治体、そしてお店。

一個人の情報を知りたいわけはなく

今後の対策を練りたいだけ・・・

コロナで過剰対応?

もう少し冷静に対応した方がいいと思います。

 

 

 

条例の処罰は?

 

条例の処罰はとくにありません。

処罰が目的ではありません。

 

コロナ感染者に対しての対応が問題なのです。

 

誹謗中傷・・・

誰だってコロナに感染したくて感染する人はいないと思います。

 

なぜ、日本人は、ここまでコロナ感染者を追い込むのでしょうか?

青森県の事件もそうです・・・

本人がPCR検査をして戻ってきているのに

心ない言葉が投げかけられた事件・・・

 

あれは心が痛みます。

 

自分さえよければイイのか?

来青した彼が可愛そうすぎます。

 

今回のこの条例は効果は法的効力がないようですが・・・

 

茨城県の取り組みは素晴らしいですが…

 

個人を戒める行為は必要なのでしょうか?

個人的には必要ないと思いますが・・・

 

お店や特定の場所を公表出来ないのであれば・・・

行動歴は公表すべきでは?

 

私たち、住民が感染対策が出来るのは

予防と対策・・・

 

行動歴がわからないと予防はできませんよね?

是非とも、自治体には個別の発表ではなく

k妄動歴をお願いしたいですね、

 

新型コロナウイルスはなくなったわけではありません。

つねに背中合わせで存在しています。

感染予防をしっかりしながら行動していきましょう。

 

 

 


トレンドニュースランキング 

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました