台風8号2020の最新進路予想と日本の影響は?米軍・気象庁の予想も紹介

台風 情報
スポンサーリンク

台風8号2020の最新進路予想と日本の影響は?米軍・気象庁の予想も紹介

今年は7月に台風が1個も発生しない異常事態でしたが8月に入ってすぐに2つの台風が誕生。

そして、今回台風8号のの卵がありもうすぐ台風になる勢いです。

8月21日21時の情報で熱帯低気圧の発表がでてます!

 

 

この記事では台風8号の今後の進路予想や米軍の予想進路などご紹介したいと思います。

 

 

台風8号(バービー)2020の進路予想は?

 

 

台風

 

現在の台風8号の現在地や予想進路は?

 

熱帯低気圧の進路予想図(気象庁HPより)

気象庁によると21日午後9時、熱帯低気圧が石垣島の南を時速15キロで北東へ進んでいる。

今後24時間以内に台風に発達し、沖縄地方に接近する見込みです。

中心の気圧は1006ヘクトパスカル。最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルとなっています。

 

22日午後9時には西表島の北北西に達する見込み。

中心の気圧は992ヘクトパスカル。

 

中心付近の最大風速は23メートルで、最大瞬間風速は35メートルが予想されています。

 

 

 

 

台風8号2020の米軍の予想は?

 

 

台風も熱帯低気圧も早い米軍予報。

現在は黄色丸ですが、明日にはオレンジ、明後日には赤、22日には台風8号認定になりそうです。

 

米軍の予想では、九州には上陸せず、朝鮮半島に向かう予想になっています。

今回の予想進路は日本、アメリカ。ヨーロッパでバラツキがあり、今後の台風の成長や状況によって進路が変わる可能性があります。

 

 

ヨーロッパ中期予報

8月22日(土)
↓↓↓

出典:ECMWF(欧州中期予報センター)

沖縄・先島諸島はこれから雨風が強まります。

 

8月23日(日)
↓↓↓

「台風の目」らしきものがはっきりと・・・

 

8月26日(水)
↓↓↓

九州地方だけでなく四国、中国地方にも雨雲が!

 

当初「九州上陸」の予想が出ていましたが進路予想が変わってきました。

まだまだ、進路が定まらな台風8号。

今後の台風情報を確認しながら警戒していきましょいう。

 

 

ウェザーニュース

わかりやすい解説が入るウェザーニュースさんはどうなのでしょう?

 

 

九州、四国を直撃しそうな進路予報も出ています

 

各国の予想はバラツキがありますね。

 

台風は太平洋高気圧の縁に沿って北上します。

太平洋高気圧の張り出しの勢力が弱くなると、台風が日本列島に上陸する恐れがあります。

 

来週からこの太平洋高気圧が弱まる予想になっています。

九州への上陸の可能性は、この太平洋高気圧がカギを握っています。

 

太平洋高気圧の勢力などによって変わるため、世界各国のシミュレーション結果を見ても予想にかなり幅があることがわかります。

沖縄から先は東シナ海を北上する予想をしているものが比較的多いものの、まだ進路や勢力は断定出来ません。

今後の情報に注目するようにしてください。

 

最新の台風情報をチェックして、

早めの台風対策をしておきましょう。

 

 

 


トレンドニュースランキング 

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました