関東・東海直撃?熱帯低気圧の最新進路予想!日本上陸は東海・関東?

台風 情報
スポンサーリンク

関東直撃?熱帯低気圧の最新進路予想!日本上陸は東海・関東?

8月以降、次々と多くの台風が発生し、非常に強い勢力となった台風10号では九州を中心に大きな被害も発生しました。

今回、令和2年(2020年)9月10日9時に、小笠原近海で熱帯低気圧が発生しました。

気象庁は、これまで、24時間以内に台風に発達する熱帯低気圧については、24時間先までの進路予報を発表していました。

しかし、9月9日15時以降に発生した熱帯低気圧からは、5日先までの進路予報を発表することとしています。

 

 

この記事では小笠原近海に新たに発生した熱帯低気圧の今後の進路予想や米軍の予想進路などご紹介したいと思います。

 

 

小笠原近海に新たな熱帯低気圧が発生!

 

今後の予想では、台風までに発達しないと言われていますが、進路を考えると関東・東海地方に大きな被害が出る可能性があります。

 

熱帯低気圧の今後の進路は?

小笠原近海で雲域がまとまってきており、この雲域の中では雲頂高度の高い積乱雲も湧きたっている状態です。

そして、きょう午前9時、気象庁が発表した天気図上で、この雲域に相当する小笠原近海で熱帯低気圧が発生しました。

12日(土)には東海や関東沖へ?

雨と風の予想(ウェザーマップ)
雨と風の予想(ウェザーマップ)

最新のコンピュータの計算では、この熱帯低気圧とみられる低気圧は、きょうからあす11日(金)にかけて、小笠原近海(父島近海)を西進し、あさって12日(土)には東海から関東沖へ北上してくる計算です。

このあとの動きによっては、13日(日)にかけて、伊豆諸島を中心に、東海や関東の沿岸でも、雨や風が強まる可能性があると思われますので、注意が必要です。

 

現在の熱帯低気圧周辺の平均風速は、計算上、オレンジ色の12メートル以上16メートル未満で、台風の勢力17.2メートル以上には達しない計算となっています。

 

東海、関東を直撃しそうな熱帯低気圧。

非常に強い雨と風をもたらしそうです。

最新の情報をチェックするようお願いします。

 

 

台風にならなくても危険?

小笠原近海の熱帯低気圧は、台風にならなくても、周囲に発達した積乱雲を伴っています。

そして、この雨雲は、熱帯低気圧の北上に伴い、9月11日にかけて小笠原近海を西進し、12日には東海から関東沖へ北上してくると予想されています。

熱帯低気圧は活発な積乱雲が集まっているため、周辺では強い雨となります。今後は太平洋高気圧の縁に沿うように北上し、12日(土)には東海沖まで進む見込みです。

 

 

 

 

山沿い中心に100mm以上の大雨のおそれ?

box2

 

熱帯低気圧周辺の雨雲がかかることや、湿った空気が次々に流れ込むことで、雨量が増加します。特に山沿いで多く、100~150mmに達するおそれがあります。

熱帯低気圧は台風ほどの風を吹かせることはない一方で、雨に関しては同等の危険性を持っています。

 

河川の増水や土砂災害などに警戒が必要?

 

異常気象ですね。警戒はしておかなければ・・・

気象庁は、今回は記録的とまでは行かないと現段階では見ているようです。

しかし。局地的には大きな災害も起こる可能性もあります。

 

まだ先の予報ですが、今後の気圧や気温、風の影響で大きく変わる見通しですが、十分に警戒していくべき熱帯低気圧になりそうですので注意していきましょう。

 

 


トレンドニュースランキング 

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました