行動歴に申告漏れ!軽井沢病院でコロナ院内感染発生か?感染状況や病院の対応は?

院内感染 情報
スポンサーリンク

行動歴に申告漏れ!軽井沢病院でコロナ院内感染発生か?感染状況や病院の対応は?

9月2日、軽井沢町国民健康保険「軽井沢病院」は、入院中の患者が抗原検査の結果、新型コロナウイルスに感染していたことを発表しました。

入院中に感染が確認されたのは、軽井沢町の無職の80代女性と東御市の団体職員の60代男性の2人です。

 

 

この記事では、軽井沢病院のコロナ院内感染発生について感染状況や病院の対応など調べてみました。

 

 

軽井沢病院でコロナ院内感染発生か?

院内感染

 

軽井沢病院のコロナ院内感染状況

 

陽性が判明したのは軽井沢町の80代女性と東御市の60代男性の2人。80代女性は、8月20日に感染が判明した東京都の女性(軽井沢町に住宅を所有)と同室(8/18~20)だった。

同日に検査を実施し陰性だったが、28日に発熱が出現。31日に検査を行い、翌日陽性が判明した。

60代男性は、8月上旬から同病院に入院。28日に発熱があり、9月1日に検査し陽性が判明。8月20日に感染が判明した女性とは、同じ階の個室に入院していた。

長野県は、県内で初めて「院内感染が疑われる事例」として、幅広く調査を進め、接触者などに検査を実施するとしています。

 

病院には軽井沢町の住宅に滞在していた都内の80代女性が先月18日、肺炎の疑いで入院。女性は20日に新型コロナに感染していることがわかり転院しました。

感染がわかった80代の女性は18日から20日までこの都内の女性と同じ部屋でした。

ただ初期の段階で”肺炎”の疑いなら新型コロナ感染を疑うべきではなかったのか?という声も上がっています。

初期対応は十分だったのでしょうか?

 

行動歴に申告漏れ?

軽井沢病院は、県を通じて「行動歴の申告漏れがあり、女性が東京に滞在していたことが確認できなかった」ことを明かしました。

長野県は、「行動歴に申告漏れがあり、今回の院内感染につながったと考えている。感染流行地域と関わりのある患者には今後も特別慎重に対処していく」

しかし、軽井沢地域は『別荘族』への警戒はかなり前から訴えてました。

 

誰もが感染する可能性がある新型コロナ。

別荘族が悪いわけではありませんが、

コロナ時期に肺炎疑いを一般病棟に入れた病院の対応にも疑問符が付きます。

 

 

軽井沢病院の対応は?

軽井沢病院は、数日のうちに全入院患者、病院職員、その他関係者ら計約200人のPCR検査を実施予定。

汚染の可能性のある病棟・外来診察室などの消毒は完了しているが、専門の消毒業者を入れることも検討しているということです。

 

・外来診療は当面の間、新規、紹介、救急外来について受け入れを中止

・予約の患者のみに機能を縮小

・外来リハビリテーションはしばらくの間中止

・入院を伴う手術も全て延期

 

通常営業に戻るまで2週間以上かかる見込みになっています。

 

 

 

軽井沢病院の場所は?

 

軽井沢病院はどこにあるのでしょう?

 

 

軽井沢病院

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2375−1

 

 

 

「軽井沢病院」の新型コロナ感染にネットの声は?

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスはなくなったわけではありません。

つねに背中合わせで存在しています。

感染予防をしっかりしながら行動していきましょう。

 

 

 


トレンドニュースランキング 

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました